自宅サロン成功のコツ

体験から再来店、継続利用につなげるために必要な要素

 

こんにちは

 

スキルを安売りしたくない

自宅サロンセラピストのサポーター

 

お客様に選ばれる集客方法の伝道師

自宅サロン専門女性起業アドバイザー

一ノ瀬渓子です!

 

最近、フランチャイズのエステをしていらっしゃる
自宅サロンを紹介され、体験に行って来ました。
 
 
 
実は今回足を運んだのは2回目。
1回目は『フェイシャルエステ見学会』という
斬新なイベントでした。
 
フェイシャルエステを受けている人を
60分フルで見守るという、
見る側も(私だったら)
見られる側も
なんとも居心地の悪いイベントでした。
 
その見学会で予約をすると
60分のフェイシャルエステが1000円で
受けられるとのことで申し込み、
今回体験を受けてきました。
 
カウンセリングも細やかで、
施術も(ちょっと何度か爪が当たったけど…)丁寧。
顔もキュッと引き締まって満足!
……なのですが、
実は、今回、私のカウンセリングから施術、
クロージングまで、全て行ってくれたのは本部の方。
 
当のサロンオーナーはじめ、
セラピストの皆さんは2、3歩後ろから
じーーーっと見守っている……
これがまたものすごく居心地が悪い。
 
なんならフェイシャルエステを受けている部屋のドアが終始全開、
スタッフがヒソヒソ、ワイワイ話している声も筒抜け
……リラックスできないよ。
 
 
そして今回一番嫌だな…と思ったのは
(おそらく)担当者(になる)Aさんからの対応。
 
 
前日のリマインド(来店確認)の連絡が
紹介者から来たのはまだいい。
当日、サロンを出た後に紹介者から
『Aさんから、通いたいお気持ちがあるなら
4月からどうぞってメールが来たよ!』
と連絡が!!
 
2回も足を運んで、
2回とも電話番号もメールアドレスも提供したのに!?
 
この紹介者の方も、もちろんお客様です。
 
これ、付き合いの長い間柄だからいいけど、
ちょっとした知り合いとか、
ママ友とかだったら超絶断りにくいですよね!?
 
ある意味すごく上手な方法?
 
とはいえ、
施術もしてもらっていない、
コンタクトも直接ない、
お店で2回、あいさつ程度に少しお話ししただけの方に
『またやって欲しい〜』なんて思えない。
 
これ、なぜかわかりますか?
Aさんと私の間に
そこまでの信頼関係を築けていないからです。
 
今回のタイトルでもある、
体験から再来店、継続利用につなげるために必要な要素
ズバリこれです!
 
お客様に自分のファンになってもらわなければならないのに
その努力を全て他人任せ
そんな人(サロン)にまた行きたい!
なんて思えません。
 
ましてや顔を触らせるなんて無理ー!!!
 
人の振り見て我が振り直せ!
 
お客様と信頼関係を築く努力、
お客様を自分のファンにする努力、
あなたはしていますか?

 

   
 
 
予約でいっぱいのセラピストになれる
★自宅サロン売り上げアップ★
7つの『最新情報』メ―ル講座
こんな方におススメ
■お友達価格から卒業したい
■計画を立てるのが苦手
■集客はできているけど『何だか違う』と感じている
 
なぜ??どうしたらいいの?
 
その答えがわかる7日間の無料メール講座です。
 
こちらのフォームよりお申し込みください
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス